2010年02月26日

「信頼回復にはまだ時間」 直嶋経産相がトヨタのリコール問題で(産経新聞)

 直嶋正行経済産業相は25日、トヨタ自動車の大量リコール問題に関する米議会の公聴会で豊田章男社長が証言したことについて、「誠実にお答えになった」と評価した。ただ、米国世論の信頼回復には「もう少し時間がかかる」との認識も示した。

 直嶋経産相は「いろいろな疑問が残っており、しっかり対応していただきたい」と述べ、信頼回復に向けたさらなる説明や対応の強化を求めた。

 国内の製造業全般についても、「イメージの面では、やはり影響が出てくるのではないか」と指摘。「トヨタで起きたことを他山の石にして、消費者にきちっと対応していく体制づくりを含め、今後の改革のきっかけにしてほしい」と呼びかけた。

【関連記事】
「満足できない」 トヨタ公聴会、“所信”の繰り返しに不満噴出
政治ショーを乗り切ったか トヨタ社長公聴会 [ユーザーブログ]
トヨタ社長が涙 「一人じゃなかった」公聴会後に従業員らと集会
豊田社長が反省「拡大のスピードが人の成長のスピードに届かなかった」
トヨタ社長、強調「ごまかし絶対にない」「米従業員と思い共有」

バイクに車で追突、少年死亡=「蛇行」に殺意、男逮捕−福岡県警(時事通信)
【Web】アイフォーンにドラえもん出現(産経新聞)
柳田邦男さん 伝記絵本を翻訳…マータイさん「感謝!」(毎日新聞)
「撮り鉄」問題で大阪府警が見分=鉄道営業法違反で立件も(時事通信)
<エンデバー>米ケネディ宇宙センターに帰還(毎日新聞)
posted by ナガマツ タダシ at 19:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。